日本語教師のニーズはどうなっているのか

日本語教師になるのは結構大変なものです。とはいえ、外国人から求められているのは事実です。
一度、外国人相手に日本語教師になることができた場合、結構長年の間教師の仕事を続けていくことも可能のようです。
とはいえ、やっぱり日本語教師のニーズはどうなっているのか知っておくことは必要です。これから日本語教師になりたいという人はなおさらでしょう。

国内での日本語教師のニーズとは

まず国内で日本語教師になりたいという人気のところというと大学などがあります。専門教育の場で日本語教師というのはかなり安定していると言えます。
大学などの専門の場で日本語教師になるというのは、それなりに学歴や知識も必要であり、競争の倍率の高いので大変かもしれません。
民間の日本語学校も増えてきていますが、やはりその数はまだまだ少ないものであり、日本語教師になるための競争あるのも事実です。
国内ではそのニーズに限りがあるようです。

海外での日本語教師のニーズとは

国内と比べると、海外ではここれから先、かなり日本語教師のニーズが高まりそうです。
というのも外国の場合、地元の人が日本語を教えてくケースが多いからです。
また、学校というよりもボランティアなどの場面で日本語を教えている機会も多いからです。この場合には、学校がなくても教えることになったりもします。
海外ボランティアでボランティアをしていくうちに、日本語教師になったという手もあります。
この場合には、結局はそのまま、そよ地元に住んでしまうというケースが多いです。海外に移住しながら日本語を教えてるという人はこれから先も増えていくでしょう。

どちらにしても情報を

どちらにしても日本語教師の募集の情報を探したり、海外の情報を知っておくなど必要となってきます。
日本語教師の勉強していく間にも、実際になるためにどこにニーズがあるかを調べておきましょう。

関連する記事