日本語教師には教える楽しさがある

日本語教師と、聞くと大変なイメージがありませんか。
教師とはいえ、外国人相手にコミュニケーションの心配が出てきませんか。
また、自分が人にものを教えるなんてというような不安はありませんか。
なかなかそういった不安からもら日本語教師になる人はまだまだ十分ではないと言えます。

日本語教師になるためには

日本語教育能力検定試験合格か日本語教師養成講座420時間修了のいずれかとなります。
これらを満たすためには次のような方法があります。
まずは大学院日程日本語教育の過程を終えます。
次は、財団法人日本語教育振興会の日本語教育能力検定試験」合格することがあります。
そして、民間企業等の行う420時間以上の日本語教員養成講座をおえることがあります。
これらを進めていくことで、日本語教育の基本的なやり方は学ぶことができます。安心して日本語を教えていけるでしょう。

日本語教師には教える楽しさがある

人は、他の人に物を教えることにいつは喜びを感じやすいのです。
たとえ大人とはいえ、外国人はまるで子供のように一生懸命日本語を学ぼうとしてくるので、それに応える楽しさはあるからです。
教えるときも、学校であれば基本的なカリキュラムはありますが、自分なりに工夫を加えることも出てきます。
例えば、日本の雑誌を見せる、動画を見せる、テレビを見てる歌を聴かせるなど工夫をすることもあります。
後学ぶ外国人の目的に合わせて、日本語の難易度を上げたり下げたりすることもあります。ときには論文指導することもあるのです。
こうした工夫をして教えていくのは、大変だと思いながらも案外楽しいものです。

日本語教育は笑顔になれる

結構、学校や教室とはいえ笑いがあふれることも多いものです。日本語が上達していく外国人を見ていくうちに、あなたの工夫も実ったと思うと笑顔にもなれるでしょう。

関連する記事