日本語教師の仕事を知ろう

あなたも一度は、日本人が外国人に日本語を教えている場面を見たことがあるでしょう。
もう日本語なんて知ってるから、簡単そうだなと思っていませんか。しかし実際には、日本語を教えるというのはとても大変なことなのです。
その大変もありすが、日本語教師はやりがいのある仕事です。

その仕事内容とは

その仕事内容とは、まずは日本語を教えることですそ。れもただ話し言葉だけではなく、書くための漢字やひらがなカタカナなどを教えることもあります。
日本語もただの会話だけでなく、目上の上に話す敬語などを教えることもあります。日本語の内容も挨拶からビジネスの場で使うような言葉など様々な分野に広がってきます。
時には新しい日本語や若者言葉なども教えることもあります。そう考えると常に新しい言葉にもアンテナを張って行かなければなりません。
そして忘れてならないのは、日本語と密接に関わる文化や風習です。例えば、あけましておめでとうと言う言葉を教えれば、その時には日本の正月についてもどんなものなものなのかを教えたり、聞かせないといけないからです。言葉によっては、場面場面め文化や風習が関わってくるのでやはり教えてあげる必要があるからです。
また日本語を使う場面によっては、マナーも関わってくるんで、それについいも教えてあげないといけません。
外国人は、日本語だけでなく、そういった文化や風習マナーについても知りたいと期待しているのです。それに答えてあげるのも日本語教師の仕事と言えるでしょう。

日本語を学ぶ外国人はさまざま

日本語を教えると言っても、ただ学校だけではありません。家庭教師として教えることもあります。そして、日本語を学ぶ外国人は、ビジネスマンやその家族、また小さな子供と言ったようにさまざまな人たちがいるのです。
さまさまな外国人がいますが、新しい出会いと思えばきっと楽しいものと言えます。それだけ日本語教師の仕事のやりがいはあるのです。

関連する記事