日本語教師はやりがいのある仕事

あなたは、普段日本語についてどう考えていますか。当たり前のように日本語を話し、他の人からも日本語を聞いていますが深く考えてる人はあまりいないでしょう。
しかし、そんな日本語を外国の人はよりしっかりと学びたいと思ってる人が増えてきているのです。

日本語教師の需要が増えてきた

世界の共通語といえば、英語だと思われています。しかし最近では日本語の需要も増えてきています。
というのも、日本に来る外国の人たちが増えてきていますし、また海外での仕事も日本人が関わることが増えてきています。
ビジネスパートナーとしての日本人、またプライベートでコミュニケーション相手の日本人など、などいろんな場面で日本語を使うことが増えてきているのです。
おそらくこれからも外国で日本語を使う場面は増えてくるでしょう。そう考えると、どうやって日本語を学ぶかも外国人にとっては課題となっていくでしょう。
そのため、日本語教師の需要が増えてきているのです。

日本語教師になるのは簡単なのか

日本語が話せるから、誰でも日本語教師になれると思っていませんか。それは間違いです。
きちんとした基準があるのです。
まずは、日本語教育能力検定試験を受けて合格することがあります。その他には、日本語教師養成講座を420時間以上受けて修了することが必須とされています。
これが満たしていないと、日本語教師にはなれないのです。思ったよりも時間もかかり、難しいと言います。日本語教師になるのは大変なのです。

やりがいはある仕事

とはいえ、日本語教師はかなりやりがいのある仕事と言えるでしょう。なぜならば外国人はしっかりと学ぼうという意欲が高いからです。それに応えていくと、成長してく外国人を見ていくと自然と充実感も湧いてくるはずです。
また、自分なりに工夫をして教えてくのも楽しいからです。
やりがいのある日本語教師を目指してみるのも、あなたの人生を大きく変えるかもしれません。

関連する記事