日本語教師のニーズはどうなっているのか

日本語教師になるのは結構大変なものです。とはいえ、外国人から求められているのは事実です。
一度、外国人相手に日本語教師になることができた場合、結構長年の間教師の仕事を続けていくことも可能のようです。
とはいえ、やっぱり日本語教師のニーズはどうなっているのか知っておくことは必要です。これから日本語教師になりたいという人はなおさらでしょう。

国内での日本語教師のニーズとは

まず国内で日本語教師になりたいという人気のところというと大学などがあります。専門教育の場で日本語教師というのはかなり安定していると言えます。
大学などの専門の場で日本語教師になるというのは、それなりに学歴や知識も必要であり、競争の倍率の高いので大変かもしれません。
民間の日本語学校も増えてきていますが、やはりその数はまだまだ少ないものであり、日本語教師になるための競争あるのも事実です。
国内ではそのニーズに限りがあるようです。

海外での日本語教師のニーズとは

国内と比べると、海外ではここれから先、かなり日本語教師のニーズが高まりそうです。
というのも外国の場合、地元の人が日本語を教えてくケースが多いからです。
また、学校というよりもボランティアなどの場面で日本語を教えている機会も多いからです。この場合には、学校がなくても教えることになったりもします。
海外ボランティアでボランティアをしていくうちに、日本語教師になったという手もあります。
この場合には、結局はそのまま、そよ地元に住んでしまうというケースが多いです。海外に移住しながら日本語を教えてるという人はこれから先も増えていくでしょう。

どちらにしても情報を

どちらにしても日本語教師の募集の情報を探したり、海外の情報を知っておくなど必要となってきます。
日本語教師の勉強していく間にも、実際になるためにどこにニーズがあるかを調べておきましょう。

日本語教師に向いてる人とは

日本語教師のニーズは、これから先も増えていくでしょう。
また海外の国によっては、日本語教師になった場合には、現地の人から大いに尊敬されることもあるでしょう。文化文化や風習の違いでもありますが、先生というだけで価値のある人と見られることも多いからです。

日本語教師に向いてる人とは

とはいえ誰でも日本語教師になれるとは限りません。向き不向きがあるのも事実です。
では、どんな人が日本語教師に向いているのでしょうか。

まずは、人に物を教える事が好きな人です。何かあったら、自分から進んで人に教えてあげるといった人ほど向いていると言えるでしょう。
次に日本語に興味があったり、関心が高い人です。確かに日本語教師になる過程で、日本語についても教わりますが、やはり自分から積極的に日本語のことを調べたり、情報をとり入れられる人ほど向いています。
日本語を教えるのがメインですが、自然と日本の歴史や文化についても聞かれることが多いので、それらについての知識を深めている人また深めようと努力する人が向いているのです。
また、気が長い人も向いています。というのも教えたからといっても、外国人がすぐに理解してくれたり、話せるようになるとは限りません。
教室などだと外国人によっては、理解度に差が出たりします。
そんな時にイラついたり、見捨てたりする事がないように、気の長い人がいいのです。
そして、コミュニケーション能力です。
先生という立場とはいえ相手は外国人ですが、1人の人でもあります。相手を見極めて、コミュニケーションをとっていけるかが大切となります。
また外国人にたいして、物怖じしない、人見知りしないことを前提でもあります。

最後には頑張る意思

日本語教師になりたくてもなれないこともあります。そんな時にくさらずに日本語教師を目指している人が一番向いているとも言えるでしょう。