日本語教師はやりがいのある仕事

あなたは、普段日本語についてどう考えていますか。当たり前のように日本語を話し、他の人からも日本語を聞いていますが深く考えてる人はあまりいないでしょう。
しかし、そんな日本語を外国の人はよりしっかりと学びたいと思ってる人が増えてきているのです。

日本語教師の需要が増えてきた

世界の共通語といえば、英語だと思われています。しかし最近では日本語の需要も増えてきています。
というのも、日本に来る外国の人たちが増えてきていますし、また海外での仕事も日本人が関わることが増えてきています。
ビジネスパートナーとしての日本人、またプライベートでコミュニケーション相手の日本人など、などいろんな場面で日本語を使うことが増えてきているのです。
おそらくこれからも外国で日本語を使う場面は増えてくるでしょう。そう考えると、どうやって日本語を学ぶかも外国人にとっては課題となっていくでしょう。
そのため、日本語教師の需要が増えてきているのです。

日本語教師になるのは簡単なのか

日本語が話せるから、誰でも日本語教師になれると思っていませんか。それは間違いです。
きちんとした基準があるのです。
まずは、日本語教育能力検定試験を受けて合格することがあります。その他には、日本語教師養成講座を420時間以上受けて修了することが必須とされています。
これが満たしていないと、日本語教師にはなれないのです。思ったよりも時間もかかり、難しいと言います。日本語教師になるのは大変なのです。

やりがいはある仕事

とはいえ、日本語教師はかなりやりがいのある仕事と言えるでしょう。なぜならば外国人はしっかりと学ぼうという意欲が高いからです。それに応えていくと、成長してく外国人を見ていくと自然と充実感も湧いてくるはずです。
また、自分なりに工夫をして教えてくのも楽しいからです。
やりがいのある日本語教師を目指してみるのも、あなたの人生を大きく変えるかもしれません。

日本語教師の仕事を知ろう

あなたも一度は、日本人が外国人に日本語を教えている場面を見たことがあるでしょう。
もう日本語なんて知ってるから、簡単そうだなと思っていませんか。しかし実際には、日本語を教えるというのはとても大変なことなのです。
その大変もありすが、日本語教師はやりがいのある仕事です。

その仕事内容とは

その仕事内容とは、まずは日本語を教えることですそ。れもただ話し言葉だけではなく、書くための漢字やひらがなカタカナなどを教えることもあります。
日本語もただの会話だけでなく、目上の上に話す敬語などを教えることもあります。日本語の内容も挨拶からビジネスの場で使うような言葉など様々な分野に広がってきます。
時には新しい日本語や若者言葉なども教えることもあります。そう考えると常に新しい言葉にもアンテナを張って行かなければなりません。
そして忘れてならないのは、日本語と密接に関わる文化や風習です。例えば、あけましておめでとうと言う言葉を教えれば、その時には日本の正月についてもどんなものなものなのかを教えたり、聞かせないといけないからです。言葉によっては、場面場面め文化や風習が関わってくるのでやはり教えてあげる必要があるからです。
また日本語を使う場面によっては、マナーも関わってくるんで、それについいも教えてあげないといけません。
外国人は、日本語だけでなく、そういった文化や風習マナーについても知りたいと期待しているのです。それに答えてあげるのも日本語教師の仕事と言えるでしょう。

日本語を学ぶ外国人はさまざま

日本語を教えると言っても、ただ学校だけではありません。家庭教師として教えることもあります。そして、日本語を学ぶ外国人は、ビジネスマンやその家族、また小さな子供と言ったようにさまざまな人たちがいるのです。
さまさまな外国人がいますが、新しい出会いと思えばきっと楽しいものと言えます。それだけ日本語教師の仕事のやりがいはあるのです。

日本語教師には教える楽しさがある

日本語教師と、聞くと大変なイメージがありませんか。
教師とはいえ、外国人相手にコミュニケーションの心配が出てきませんか。
また、自分が人にものを教えるなんてというような不安はありませんか。
なかなかそういった不安からもら日本語教師になる人はまだまだ十分ではないと言えます。

日本語教師になるためには

日本語教育能力検定試験合格か日本語教師養成講座420時間修了のいずれかとなります。
これらを満たすためには次のような方法があります。
まずは大学院日程日本語教育の過程を終えます。
次は、財団法人日本語教育振興会の日本語教育能力検定試験」合格することがあります。
そして、民間企業等の行う420時間以上の日本語教員養成講座をおえることがあります。
これらを進めていくことで、日本語教育の基本的なやり方は学ぶことができます。安心して日本語を教えていけるでしょう。

日本語教師には教える楽しさがある

人は、他の人に物を教えることにいつは喜びを感じやすいのです。
たとえ大人とはいえ、外国人はまるで子供のように一生懸命日本語を学ぼうとしてくるので、それに応える楽しさはあるからです。
教えるときも、学校であれば基本的なカリキュラムはありますが、自分なりに工夫を加えることも出てきます。
例えば、日本の雑誌を見せる、動画を見せる、テレビを見てる歌を聴かせるなど工夫をすることもあります。
後学ぶ外国人の目的に合わせて、日本語の難易度を上げたり下げたりすることもあります。ときには論文指導することもあるのです。
こうした工夫をして教えていくのは、大変だと思いながらも案外楽しいものです。

日本語教育は笑顔になれる

結構、学校や教室とはいえ笑いがあふれることも多いものです。日本語が上達していく外国人を見ていくうちに、あなたの工夫も実ったと思うと笑顔にもなれるでしょう。